ファミリー向け賃貸物件は広さと立地に特徴がある

ファミリー向け物件は学校までの距離で決まる

賃貸物件のうち、ファミリー向けの部屋は駅近くが人気があるとは限りません。なぜなら、駅近くにある物件は1ルームが中心となり、家族で住めるほどのサイズともなれば、家賃相場が一気に上がるからです。子供がいる世帯では、学校までの通学距離と安全性が重視されるので、不動産屋としても学区と学校までの距離に関する情報が付記されることになります。特に小学生がいる家庭では、小学校までの距離と街灯の数を重視する人が増えるので、1人暮らしや夫婦世帯のみの家庭よりも郊外型で学校の近くを選ぶ傾向が強いです。通勤面では大人が多少不便を強いられる可能性があっても、子供を中心とした生活を行っていることが窺えます。

2DKサイズが基準となる

ファミリー向け賃貸物件の特徴として、夫婦のみ2人世帯にとって2DKサイズが基準となります。賃貸物件の多くが1ルームと2DKで占められていますが、一部はリフォームされて1LDKとなっているので、築年数が経過している集合住宅では部屋ごとに間取りが異なる可能性が少なくありません。一方、子供が大きくなっていたり、複数人いる場合には3DKまたは2LDKといった間取りの物件が必要となります。しかし、持ち家に移行する世帯が増えることも事実ですから、郊外を中心として一部に限られてしまうので、必然的に2DKよりも物件数が少なくなるわけです。同じ2DKであっても、占有面積に違いがあるので、間取り図を見る時には広さを基準にして絞り込みを行っても良いでしょう。

多摩センターの賃貸では、複数の鉄道路線が利用でき、都心方面へのスムーズなアクセスも可能なので、充実したアクセス環境を求めている人でも納得のいく物件が見つかります。