駅から近い賃貸住宅のメリットや気にした方がよいことは?

駅から近い賃貸住宅の特徴

日本の賃貸住宅の価値は、欧米の物件と異なり駅から近いかどうかで価値が決まる傾向にあります。いわゆる駅近くの物件は、家賃が高く設定されており、よほど古い物件を除き満室になりやすい傾向にあるでしょう。家賃も駅からの距離で決まる傾向があり、駅から100メートル遠ざかるごとに家賃も1万円ずつ減っていく傾向が見られるのが特徴と言えるでしょう。
駅から近い物件に人気が集まる理由は、単に通勤や通学で便利だからだけではありません。駅から近いと、買い物をするのに時間がかからず楽だからといった理由も考えられます。
ただ、ものは考えようで、駅から近い物件は通勤や買い物の時に便利な反面、現代人特有の運動不足を引き起こす可能性があります。健康を維持するために、駅から徒歩20分ぐらいの物件を選ぶことも悪くはありません。

物件を借りる前に気にした方が良い事

駅から近い物件は便利ですが、物件を借りる前に気にした方が良いこともいくつかあります。その1つは、駅前の物件は人通りが多く、夜の時間帯でも話し声や車の音がうるさい可能性があります。例えば、子供がいる家庭であれば、夜子供がなかなか眠れずストレスを溜めてしまうことがあります。当然大人でも寝不足になる恐れがあるでしょう。そのため、物件を借りる前に周辺地域を見学しておきましょう。昼間の時間帯だけでなく、平日の夜の時間帯や週末の夜も確認しておくべきです。
駅近くの物件は、土地の値段が上がりやすく、突然家賃が上がることも考えられます。家賃が数年間で1万円ほど上がったことも少なくありません。実際に、不動産会社やオーナーに家賃が上がる可能性があるかを確認しておくことも重要になるでしょう。

千歳の賃貸は学生向けのアパートからカップル、ファミリーで住めような広めの物件まで幅広く提供しています。