引っ越しも考えておこう!賃貸にかかる初期費用の実態

引っ越し費用も初期費用のうち

新しい地域で賃貸生活をするために物件を契約するときには初期費用について考慮するのが大切です。前家賃や敷金、礼金、仲介手数料などがかかるのが一般的ですが、しばしば賃貸生活を始めるまでに必要な予算が足りなくなってしまって困ることがあります。十分に初期費用を考えたつもりでも、さらに追加で費用がかかって困ってしまう場合があるのです。代表的な失敗例に上がるのが引っ越し費用であり、場合によっては数十万円にも上ることから払えずに悩みになってしまっています。引っ越し費用も初期費用として大まかに見積もっておき、手際良く引っ越せるように準備をしておくのが肝心です。

流れを理解して手配するのが大切

引っ越し費用がどの程度かかるかは予め見積もりを取っておけばわかります。引っ越しをするときの基本的な流れとして、引っ越し業者を決めて見積もりを依頼し、現場に来てもらって荷物の量などから見積もりを出してもらうのが基本です。そして、実際に引っ越しをする日を確定して予約を取ります。そして、搬出日になったら荷物を積み込んでもらい、指定した搬入日に引っ越し先に持ってきてもらうのが一般的です。見積もりを取るのは早めでも問題はなく、賃貸物件が決まる前でも見積もってもらうことはできます。引っ越し先のエリアやマンションの階数などが決まっていれば大きく見積もりから変化することはないので、運んで欲しい荷物を予め選別しておいて見積もりをとっておくと初期費用で困ることがありません。

菊水の賃貸は、南向きの物件が多く存在するため、良好な日当たりによって室内が明るくなります。また、外に干した洗濯物が乾きやすいというメリットもあります。