住む視点から考えよう!間取りの決め方の基本とは?

間取りを考えるときによくあるミス

住宅の間取りをデザインするときには間取りを考えるのが基本です。住宅としての住みやすさを大きく左右する部分なので十分に考えて作り上げる必要がありますが、しばしばミスを犯してしまう部分でもあるので注意しなければなりません。美しいデザインの住宅を手に入れたいと考えていると失敗しやすい傾向があります。玄関から入ってリビングに行くという流れを見て美しい様子が見て取れるようになっていると来客から受けが良いのは確かです。しかし、それが原因で無駄にスペースを使ったり、住む上で動線が長くなってしまったりすることがよくあります。間取りを考える上では機能性を重視した方が無難です。一日の大半を過ごす場所なのでストレスがかからないようにするという視点は特に重要になります。

家事を中心にして考える意味

間取りによって住宅の機能性を高める上で重要なのが家事を中心にして考えることです。掃除や洗濯、炊事などを無駄なく行えるように間取りを設計しておくと機能性は高くなります。家庭生活をする上で家事は必須のものですが、楽に短時間で行えるに越したことはありません。無駄に動線が長くなったり、他の人の動線と交錯してしまったりすると家事をやりにくくなってしまいます。大抵は家事をしている人が最も家に長くいるので、そこでストレスを感じるようになってしまうと住宅の設計に失敗したと感じてしまいやすいのです。そのため、主婦の意見を取り入れて間取りを設計するのが肝心と言えます。

間取りは、一人暮らしに最適なワンルームや、ファミリーで快適に暮らせる3LDKなど、様々なタイプが存在するため、ライフスタイルに応じて選ぶことが重要です。