実際に任意売却をするときに必要な二つの知識

任意売却の仕組みを知っておこう

住宅を売却する時には任意売却の方法を選ぶことができますが、これは住宅ローンなどを払うことができない場合にやむを得ず住宅を売却する時に必要な手段になります。通常であれば、住宅ローンの支払いができなくなればそのまま競売にかけられてしまい強制的に売却されることになります。ところが、この競売は実際の価値の半分程度でしか売却されない問題点があります。そうすると、債権者にお金を返す時十分な金額を返すことができないため、住宅がなくなったうえでさらに借金まで残ることになるでしょう。ですが、任意売却を利用すれば相場ぐらいか相場より若干下ぐらいの金額で売却することができるため、少なくとも競売で売却するよりも債権者に十分なお金を返済することができます。その結果、借金が残りにくくなるでしょう。

専門的な事務所を選んだほうがよい

任意売却をする場合には、どこの事務所にお願いをするかによって多少金額が変わってくる部分があります。任意売却を専門に扱っている司法書士や行政書士であれば、無駄なく処理をしてくれるため高い金額で売却されることも多いですが、任意売却に慣れていないところに相談しても良い結果が出てこない可能性があります。少なくとも、任意売却に精通しており過去に何度も任意売却をしたことがある行政書士や司法書士に依頼すると、そこから不動産会社を紹介してくれます。不動産会社にも任意売却を専門的に行っているところもありますので、より高い金額で売却することができるでしょう。

任意売却とは住宅を購入する際に銀行から住宅ローンとして借りたお金が返済出来ない理由から、住宅を売却しその売却を第三者に委託することを言います。銀行側は債権者となるため、売却するためには許可が必要です。